雑学・豆知識

観光地とリゾート地の違いって何?

観光地・リゾート地

GoToトラベルを利用して、旅行を考えている方も多いことでしょう。

行き先を検討する際に、「観光地」や「リゾート地」という言葉が目につくと思いますが、観光地とリゾート地には違いがあるのでしょうか。

明確な定義はあるのでしょうか。

この記事では、知ると納得の観光地とリゾート地の違いについてまとめました。

観光地とは?

「観光地」とは、「史跡や名勝など観光の対象となるものがある土地」です。

温泉地などが含まれる場合もあります。

観光地では人々の滞在期間が短く、1ヶ所にとどまらずにあちらこちらを訪れるのが基本的な行動パターンです。

家族や個人で観光地を訪れることもありますが、日本では団体ツアーなどが組まれることも少なくありません。

ハムオ
ハムオ
また、観光では滞在地で過ごす「時間」よりも「経験」を重視する傾向があるため、観光地は刺激や興奮を求める人が訪れる場所といえるかもしれませんね。

リゾート地とは?

「リゾート地」とは、「避暑・避寒などのために訪れる土地」です。

リゾート地は休養や保養のために訪れる場所なので、貸別荘やホテルなどに長期滞在するのが主な行動パターンです。

また、リゾート地は団体で訪れるものではなく、家族や友人など気心の知れた比較的少人数のメンバーで訪れる場所であるのも大きな特徴といえます。

そして、リゾートでは滞在地で過ごす「時間」をとても大切にします。

そのため、リゾート地に求められるのは、エンターテイメント性ではなく快適さといえます。

観光地とリゾート地の違い

観光地とリゾート地は、訪れる人の目的がまったく違います。

観光地は、史跡や名勝などをいろいろ見て回ることができる場所です。

修学旅行などで訪れる土地を思い浮かべると、わかりやすいですね。

リゾート地は、休養や保養の目的で訪れる場所です。

皇族方の別荘がいわゆるリゾート地に設けられているのは、まさに休養保養のためといえるでしょう。

そして、観光地では「経験」が重視され、リゾート地では「時間」が重視されます。

経験は見ず知らずの人と共有しても楽しいものですが、時間はやはり親しい人と共有したいものです。

そのような意味では、観光地は団体客向け、リゾート地はファミリー向けといえるかもしれません。

まとめ

まとめ
  • 観光地は、経験を楽しむ場所。
  • リゾート地は、休養・保養のための時間を過ごす場所。

日本では長期休暇をとることが難しいため、リゾート地を利用できる人は限られているのが実情です。

しかし、近年はテレワークの浸透にともない、リゾート地で仕事をする「ワーケーション」という働き方を選ぶ人も増えてきています。

賛否両論あるとは思いますが、しっかり休んで仕事もバリバリできる、そんな環境が当たり前の社会になるといいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。