動物・ペット

ハリネズミの飼育に必要なもの10選!お金はどれぐらいかかる?

ハリネズミ 必要なもの
最近、ハリネズミカフェがたくさんできるなど人気のハリネズミ。

可愛らしくて癒されますよね。

そのためペットとして飼う人も増えてきています。

しかし、ハリネズミの飼育方法などの情報はまだ少ないのが現状です。

ハリネズミを飼い始めるときに「何を用意したらいいの?」と疑問に思う方も多いはず。

そこでこの記事では、ハリネズミの飼育に必要なものや気になるお金のこともまとめて紹介したいと思います。

是非参考にしてくださいね。

ハリネズミの飼育に必要なもの

さっそくハリネズミを飼育する際に必要なものをチェックしていきましょう。

主に必要なものは、

  • 飼育ケージ
  • 寝床
  • 温湿度計
  • エサ入れ
  • 水飲み場
  • 床材
  • トイレ、トイレ砂
  • 回し車
  • 暑さ対策グッズ
  • 寒さ対策グッズ
  • 餌・おやつ

になります。

1つ1つ解説していきますね。

飼育ケージ

飼育ケージは奥60cm×横90cmあれば良いといわれています。

種類としては

  • シャトルケージ
  • ガラスケージ
  • アクリルケージ

などがあります。

一番ペットショップなどで販売されているのは「シャトルケージ」となっています。

値段も安く重さも軽いのが特徴です。

しかし、見た目や保温性はあまりないのが欠点です。

見た目も保温性もあるのは「ガラスケージ」となります。

重さは重いですが管理のしやすさでは一番良いと言われています。

我が家のハリネズミはシャトルケージを使用しています。

冬も暖房対策をしっかりしているので保温性がなくても特に問題なく使えてます。

基本的には様子を見られるように中が見えることとケージのサイズがあれば大丈夫ですので、お財布と相談しつつケージを選んであげて下さいね。

寝床

寝床はハリネズミが安心して休むために必要なものとなります。

屋根などがあり中が薄暗くなるようなものを選びましょう。

ペットショップでは木などで作られた寝床が売られています。

他にも布で作られた寝床もありますが、布はダニなどが住み着くこともありますので清潔にしてあげてくださいね。

我が家のハリネズミは冬場だけ暖かい生地でつくられたハウスで休んでいます。

おすすめの寝床や選び方はこちらの記事で詳しく紹介してるので、是非参考にしてください。

ハリネズミ ハウス
ハリネズミのハウス・寝床は何がおすすめ?大きさなどのポイントハリネズミにハウス・寝床・小屋は必要?大きさなど選ぶ時のポイント、おすすめのハウス・寝床をご紹介しています。...

温湿度計

ハリネズミを飼う上で温度・湿度管理はとても大切なことです。

ハリネズミ 温度 湿度
ハリネズミの温度・湿度管理方法【冬の寒さ・夏の暑さ対策も】ハリネズミの温度・湿度管理方法、冬の寒さ対策・夏の暑さ対策について詳しくまとめています。ハリネズミにとって理想の温度と湿度は?命にもかかわってくる大事な部分になるので、是非参考にしてください。...

なので温湿度計は必ずケージの中に設置しましょう。

デジタルのものだと一目でわかるのでおすすめです。

エサ入れ・水飲み場

色々な種類のものが売られていますが、基本的にハムスターなどの小動物用であれば大丈夫です。

買う際に注意してほしいのは、下に置くタイプの場合は「ある程度重さのあるもの」を選ぶことです。

遊んでいるときにぶつかってしまってひっくり返るとケガをする危険性があるので気をつけてあげましょう。

床材

床材には、

  • ウッドチップ
  • コーンリーター
  • 紙製

などがあります。

おすすめは紙製です。

ウッドチップやコーンリーターなども保温性や吸収性がるのでよいのですが、おしっこや糞をしたときに取り忘れがある可能性があります。

取り忘れがあるとそこからダニなど繁殖してしまうこともあるので注意しましょう。

それに比べて紙製は汚れたらまるごと交換できるので清潔な状態を保ちやすくなっています。

犬用のペットシートを使うと良いでしょう。

我が家ではワイドサイズを使用しています。

ケージのサイズに合わせて購入してくださいね。

裏にテープがついているものだとずれ防止にもなるのでおすすめです。

トイレ・トイレ砂

ハリネズミは基本的にトイレを覚える動物ではありませんが、繰り返すと覚えることがあります。

また遊び場として使うこともあるので設置すると良いでしょう。

回し車

回し車はハリネズミのストレス発散の遊び道具となるので設置してあげると良いかと思います。

ハリネズミは本来エサを探し歩き回る動物です。

ケージの中でも歩けるように回し車を設置しましょう。

ケージのサイズに合わせて大きさは選んでくださいね。

暑さ対策グッズ

暑さ対策としてはエアコンをつけることが必須となりますが、「ペット用のひんやりシート」などを敷いてあげても効果的です。

うさぎ用などがケージのサイズに合うかと思います。

寒さ対策グッズ

寒さ対策はハリネズミを飼う上で一番重要となります。

エアコンの暖房で部屋を暖めるのはもちろんですが、「床から暖める」「ケージ全体を暖める」ことができるグッズが必要となります。

床から暖めるのであれば「床暖」がおすすめです。

寝床の下にひけるものなどもあるのでチェックしてみてくださいね。

ケージ全体を暖めるのにおすすめなのは「暖突」という商品です。

これは必須といってもいいぐらい重要なグッズです。

ケージの上につけることができるのでとても効果的にケージ内を暖めることができます。

それに加えて「サーモスタット」を使うと温度管理が簡単になるのでおすすめですよ。

餌・おやつ

あとは忘れずにハリネズミフードやおやつを購入しましょう。

おすすめの餌や与え方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

ハリネズミ 餌
【ハリネズミの餌の与え方】量や頻度・食べない時の対処法などハリネズミにおすすめの餌は?量や頻度・時間、与え方、食べない時の対処法などを詳しく解説しています。偏食を防いで、ハリネズミの健康を守りましょう。...

ハリネズミを飼うにはどれくらいお金がかかるの?

ハリネズミ飼育に必要なものをご紹介してきましたが、やっぱり気になるのはどれぐらいお金がかかるのかということですよね。

初期費用は5~6万円

ハリネズミを飼育するのにかかる初期費用は「5万円~6万円」だといわれています。

しかし、ハリネズミの種類やペットショップによっても値段が全然違うので、何店舗か回って決めるのが良いかと思います。

ペットショップによってハリネズミの値段は違うとお話ししましたが、極端に安いハリネズミには注意しましょう。

生後5カ月以上のハリネズミだと安く売られていることが多いです。

元気そうであれば問題はないのですが、成長してからハリネズミを飼育すると、慣れるのに時間がかかることが多いです。

また、ケージなどの用品は良いですが、ハリネズミを購入するのは近くのお店がおすすめです。

移動などはハリネズミにとってストレスの原因となります。

月々の費用は5~6000円

そして、月々の費用ですが「5000円~6000円」だといわれています。

これも個人差があるとは思いますがおおよそこのくらいです。

我が家の場合は、

  • フード・おやつ
  • 床材(紙)
  • トイレの砂

で2000円ほどで、+電気代となります。

冷房や暖房はほとんどつけっぱなしになるので、電気代は高くなります。

ハリネズミにとって温度管理は命に関わりますので、そこはケチらないであげてくださいね。

ハリネズミにとって快適な空間を作ろう

まとめ

ハリネズミを飼育するのに必要なのは、

  • 飼育ケージ
  • 寝床
  • 温湿度計
  • エサ入れ
  • 水飲み場
  • 床材
  • トイレ、トイレ砂
  • エサ、おやつ

ストレス解消や気温に応じて必要なものは、

  • 回し車
  • 暑さ対策グッズ
  • 寒さ対策グッズ

ハリネズミを飼うためにかかるお金は、

  • 初期費用が5万円~6万円
  • 月々5000円~6000円

この記事ではハリネズミを飼育するのに必要なものや金額について書きました。

寝床や床材、ストレス解消グッズなどはハリネズミによっては異なるかと思います。

色々なものを試してみて快適な空間をつくってあげてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。