動物・ペット

ハムスターが食べていい食べ物・ダメなもの一覧【果物・野菜は大丈夫?】

ハムスター 食べ物

ハムスター飼育初心者の方は、普段どんな物を与えたら良いだろう?と考えたことはありませんか?

ハムスターは雑食性で、人間の与えたものを食べますが、人間にとっては無害でも、ハムスターにとっては有害なものがあります。

この記事ではハムスターが食べていい食べ物、与えてはいけない食べ物を挙げていきますので、是非チェックしてくださいね。

ハムスターが食べていい食べ物一覧

  • 野菜:キャベツ、ほうれん草、ニンジン、もやし
  • 果物:リンゴ、バナナ、イチゴ、ドライフルーツ
  • 野草:タンポポ、オオバコ
  • 穀物:ヒマワリの種、アーモンド、かぼちゃの種
  • 昆虫:ミルワームなど

一例

野菜や果物は水分をしっかり拭き取ってください。

ひまわりの種もよいですが、超初期のスキンシップに適していると思います。

噛み応えが良いのか食いつきが良いです。

少し長めにカットして手渡しするのを繰り返すことでニオイを覚え、「この人は美味しい食べ物をくれる人」と認識してもらえます。

もちろん慣れた後も与え続けても大丈夫です。

野菜は外側に薬品がついている可能性があるので表面は避けるようにしましょう(洗っても少量が致命的になる可能性があります)。

果物・ドライフルーツ

果物は甘くて好まれますが、水分が多いので少量にしておきます(飼い主が完食するのを見守れる程度の量)。

安易に与えることができるのがドライフルーツです。

市販もありますし、天日干しで自作もできます!

管理人
管理人
某アニメの影響で穀物(特にひまわりの種)が好まれるというイメージが強いですが、脂肪分が多く肥満の元になるのでスキンシップ際に与えるなど「ご褒美」程度にしましょう。

ミルワーム

ハムスターは雑食性ですのでたんぱく源となるミルワームを挙げましたが、市販されているものの必ずしも必要という訳ではなさそうです。

管理人
管理人
虫が苦手という方もいると思いますので無理に用意しなくてもよいと思います。

適量に注意

ゴールデンハムスターとドワーフハムスターで適量が違います。

強いていうなら頬袋に溜めこんでしまう量を与えてしまわないことです。

飼い主の目の前で食べきれる量が「適量」だと思ってください。

頬袋に詰め込んだまま腐って病気になってしまったり、下痢の原因(=最悪死亡)する可能性もあります。

ハウスに持ち帰ったようなら翌日残っていれば処分します。

ハムスターに与えてはいけない食べ物一覧

次に与えてはいけない食べ物をご紹介しますので、注意してくださいね。

与えると危険な野菜・穀物

ねぎ、玉ねぎ、アスパラガス、銀杏、じゃがいも、生姜、なす、ごぼう、どんぐり、にら、芽キャベツ、モロヘイヤ、レンコン、にんにく、ミョウガ、わらび、アボカド、びわ、杏、梅

これらはハムスターにとって「毒」と言われているものなので、絶対に与えないようにしましょう!

リンゴや桃の種、レタス、ほうれん草、キュウリ、トマト、イチゴなど多数

水分が多いものは「下痢」を誘発しやすいものですので、「不可」ではないですが「要注意」です。

ハムスター 下痢
ハムスターの下痢は危険なサイン?5つの原因と対処法小さくとても可愛らしく、初めての人でも飼育が始めやすいハムスター。 一度は飼ったことのある人も多いのではないでしょうか? で...

刺激物・辛い物

唐辛子、鷹の爪、ハバネロ

刺激物は問題外です。

口で溶ける食物ややわらかい食物・刺激の強い食物

チョコレート、菓子類、観葉植物、パン、豆腐など

頬袋脱の原因になり、いったん出た頬袋を戻すには手術が必要です。

ハムスター 頬袋脱
ハムスターの頬袋脱の原因・戻し方【死の危険はある?】ハムスターの数ある病気に中の一つに「頬脱袋」というものがあります。 口から頬袋が飛び出た状態のことをいいます。 これ...

人間が食べているもの

人間が食べているものはハムスターが食べるには適していません。

ハムスターにおすすめの餌は?

ハムスターの主食としては栄養価が計算された「ペレット」になります。

管理人
管理人
しかし、ハムスターにとっては決して美味しいものではないようです……。

成長段階別の物もあります。

ペレットと雑穀を混ぜた安価なミックスフードも売られていますが、嗜好性が高く、好きな物だけを食べ肝心のペレット(栄養部分)を残してしまうことも少なくありません。

偏食の元となりますので、基本「ペレット」のみを与えるようにしましょう。

管理人
管理人
私は歴代ショップで与えられていたということで、他のペレットより割高にはなりますが「ハムスターセレクション」を与えています。

(ランクが3段階あり、子ハム時代はパフォーマンス、成ハムはセレクションに)

ハムスターセレクションは小動物獣医師さん監修の元に作られた、人気の高いハムスター専用の飼料です。

小動物の中でもハムスターは小型で大量消費しませんし、寿命も短いので出来る限り良い物を与えて長生きさせてあげたいですよね。

ショップによっては安価なペレット、ミックスフードを与えている所もあります……。

しかし、安価なエサが「悪」という訳ではありません。

ペレットなのには代わりがなく、ニオイが強いのか食いつきがよいです(長生きした経験もあります)。

コスパは悪いですが、金網を齧るのを止めるよう実験動物用の飼料(大きい)を与えていたこともあります。

栄養バランスの面を考えるとミックスフードは止めておいた方がよいでしょう。

何でも与えないように注意

まとめ
  • ハムスターの食事のは基本「ペレット」
  • 食べてはいけないものが多い
  • 食べても良いけど水分が多いものは要注意
  • 刺激物や加工品は与えない

ハムスターに食べさせてはいけない物は他の動物(犬や猫)にも共通するものが多いです。

人間と違い、消化する能力を持ち合わせておらず中毒などになります。

ハムスターは小動物で、乾燥地帯に住んでいた動物ですので水分を多く必要とはしません。

ペレットのみで終生を終えるハムスターもいますが、食べてよいもの・ダメなものがあります。

人間がよかれと思ってあげた物がハムスターにとっては命取りになりかねません。

野生ではなく人間の管理下で「生かされている」ので、ハムスターの立場になり見極めると善し悪しが分かると思いますよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。