ハムスター

ハムスターのハウス・巣箱の選び方【おすすめはこれ!】

ハムスター ハウス

広々とした何もないところに居るとしたら、隠れる場所がないと不安になりませんか?

少しだけ人目から隠れて、落ち着ける場所も欲しいですよね。

ハムスターも同じです。

常に視線を感じ、それなのに隠れる場所がないとストレスになってしまいます。

巣箱はハムスターにとって、お家でありベッドであり隠れ家です。

この記事ではハムスターの巣箱について選び方やおすすめを紹介していきます。

ハムスターのハウス・巣箱の必要性

野生のハムスターは地面の中に巣を作ります。

巣を作ることによって、外にある危険から身を守り、あたたかく眠ることが出来ています。

巣には、体を隠すことと体を温める目的があります。

巣箱は巣の代わりです。

ハムスターは巣箱の中で、睡眠を取ったり、貯めた餌を食べたりしています。

管理人
管理人
巣箱があれば、ハムスターはより安心して生活していくことが出来るでしょう。

ハムスターのハウス・巣箱の選び方

ハムスターの巣箱も色々な種類があって迷いますよね。

木製のものや陶器のものプラスチック製のもの等……。

巣箱選びでは、材質・大きさ・形・底の4つがチェックポイントになります。

材質

材質は大きく分けると、木製・陶器・プラスチック製・紙パックの4種類があるので、それぞれのメリット・デメリットを挙げていきますね。

木製

木製は自然素材で安心感がありますね。

ハムスターが囓ることによってストレス発散・歯の伸びすぎ防止にもなります。

デメリットとしては、水洗いなどはオススメ出来ず、カビなどの発生も考えられます。

陶器

ひんやりとしているので夏場は涼しくて良いのかもしれませんね。

重みもあり安定感があります。

プラスチック製

水洗いしやすく、すぐに乾くので衛生的です。

しかし、ハムスターが囓ってしまう可能性があります。

紙パック

紙パックなどで手作りすることも可能です。

軽いためあまり安定感はありません。

汚れやすいので定期的に交換が必要です。

大きさ

大きすぎても、小さすぎても、ハムスターには快適になりません。

ハムスターの体の2~3倍以上の大きさがベストです。

穴は入り口のみのものがオススメです。

たくさん穴が開いているものは、体を隠す目的を満たしていないからです。

怪我をすることも考えられるので、とがったものも避けた方が良いでしょう。

市販されているものは、底があるものもないものもあります。

オススメは底のないものです。

手入れがしやすく、衛生的です。

ハムスターにおすすめのハウス・巣箱はこれ!

巣箱の選び方を押さえたところで、個人的におすすめしたいものをご紹介していきます。

木製巣箱

おすすめ度

個人的に一番オススメは木製の巣箱です。

自然素材でハムスターにも優しく、囓っても安心です。

底のないものは手入れもしやすく、衛生的に使用できます。

永続的に使えるものではないので、ダメージが目立ってきたら交換しましょう。

陶器製巣箱

おすすめ度

ずっしりとしていて安定感があります。

こちらも掃除のしやすい底なしのものがオススメです。

木製巣箱よりも耐久性があり、気軽に洗うことも出来ます。

プラスチック製巣箱

おすすめ度

衛生面では洗いやすく乾きも早いプラスチック製がオススメです。

ハムスターが囓ってしまう場合もあります。

囓ってしまうとプラスチックを飲み込んでしまい危険です。

様子を見て、囓っているようならば他のものに交換した方が良いでしょう。

紙パック巣箱

おすすめ度

飼い主としては手作りする楽しみもある紙パック巣箱です。

軽いことがメリットでもあり、デメリットでもあります。

耐久性はないので、定期的に交換が必要です。

番外編・・・地下型の巣箱

おすすめ度

巣箱について調べていると、目にすることも多いのではないでしょうか。

ハムスターの習性にあわせて考えられている地下型の巣箱です。

ハムスターにとっては安心感がある巣箱です。

しかし、掃除に手間がかかり、湿気がこもりやすいというデメリットもあります。

管理人
管理人
私も自作したものを使用したことがありますが、お掃除は大変でした。

しかしハムスターはとても快適に過ごしている様子でした。

実際にこまめにお掃除できるか等を考慮した上で、導入すると良いでしょう。

ハムスターにとって快適な巣箱・ハウスを

まとめ
  • ハムスターの巣箱には体を温める・体を隠す目的がある。
  • 巣箱選びのチェックポイントは材質・大きさ・形・底。
  • 巣箱は底のないものの方が衛生的で掃除もしやすい。
  • 木製の巣箱が一番オススメ。

ハムスターにとって巣箱は、隠れ家でもありベッドでもあります。

私たちもお家や隠れ家を選ぶときは、自分が毎日過ごす場所ですから、こだわって安心して快適に過ごせるものを選びますよね。

ハムスターは「このお家がいい!」と自分で選ぶことは出来ません。

しかし様子を観察していれば、気に入っているか、気に入っていないか等を、私たち飼い主が感じ取ることが出来ます。

ハムスターの様子をよく観察して、設置したのにあまり使用していないようならば、他の巣箱に変えてみることも必要かもしれませんね。

ハムスターにとって快適な巣箱を設置して、ハムスターがより安心して生活していけるようにしてあげましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。