雑学・豆知識

口コミとレビューの違いって何?

口コミ レビュー 違い

買い物やお店選びの時に、頼りになるのが口コミやレビューです。

口コミやレビューはユーザーの意見が率直に反映されるものですが、違いについてあまり考える機会はないかもしれません。

そこでこの記事では、本来の意味から離れた意味で使われることが多い口コミとレビューの違いについて調べました。

口コミとは?

「口コミ」とは、「口頭で噂や評判を伝えること」です。

もともとは「マスコミ(マスコミュニケーション)」に対する言葉として誕生した造語で、1960年代から使われ始めたようです。

インターネットの普及にともない、口コミはSNSやブログの書き込みでも広まるようになりました。

口コミ専門サイトもあり、場合によってはマスコミ以上の影響力を持つものへと進化しています。

なお、口コミには「噂」も含まれるため、商品や店舗を利用したことがない人が発言しても基本的にOKです。

レビューとは?

「レビュー」は、「re(再び)」+「view(見る)」、つまり「見直す」という意味です。

和製英語ではなく、英語の「review」に由来します。

英語の「review」には、「見直す」のほか「再調査する・再考する」「復讐する」「よく調べる」「批評を書く」など幅広い意味があります。

日本語で「レビュー」という場合は、「批評を書く」というのが一番しっくりきますね。

ただし、あくまで「批評」であって「批判」ではありません。

悪い部分を取り上げるだけではなく、良い点も含めて正当な評価をするのが、本来の「レビュー」といえます。

また、レビューの意味を考えると、レビューを書けるのは実際に商品や店舗などを使用した人に限定されます。

口コミとレビューの違い

口コミの本来の意味は、口頭で噂や評判を伝えることです。

一方、レビューは批評することですが、こちらは手段の限定はありません。

どちらも発言者の主観が大きく影響しますが、口コミよりもレビューの方が客観的なニュアンスが強めです。

しかし、近年では両者はほぼ同じ意味で使われています。

商品や店舗の利用の有無により分けることもできそうですが、発言者がユーザーであるかどうかの判断はとても難しいです。

ただいずれにせよ、口コミもレビューも、第三者の意見として非常に有用なものであることに違いありません。

まとめ

まとめ
  • 口コミは、口頭で噂や評判を伝えること。SNSやブログが利用されることも多い。
  • レビューは、ユーザーが商品などの批評をすること。

口コミもレビューも気軽に発信できますが、ウソの内容や意図的に相手を貶める内容は処罰の対象になります。

嫌な気分になる書き込みは、絶対にしないようにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。