雑学・豆知識

帽子のハットとキャップの違いって何?

ハット キャップ 違い

英語を習い始めてすぐに学習する「hat」と「cap」。

その違いをテストなどで問われることはほとんどないので、どちらも何となく「帽子」と覚えているだけ、という方も多いと思います。

そこでこの記事では、具体例を上げながらハットとキャップの違いを解説します。

ハットとは?

ハットは「帽子の頭を入れる部分の周り全体につばがある帽子」です。

日本では、麦わら帽子(ストローハット)やシルクハットが「ハット」としてよく知られています。

その他、

  • 帽子のてっぺんが谷状に折れている「中折れ帽」
  • 麦わら帽子の一種で帽子の頂上部分が平らになっている「カンカン帽」
  • チャップリンが劇中でよく使用した「山高帽」
  • カウボーイがかぶっている「テンガロンハット」

などが「ハット」に分類されます。

ハットのつば部分が広いものは日よけ効果があり、また小顔効果も期待できるということで、最近は女性向けにデザインされたハットも多く販売されています。

キャップとは?

キャップは、「つばのない帽子。またはつばが一部分のみについている帽子」です。

日本で最も知られているのは、野球選手のかぶっている「ベースボールキャップ」かもしれません。

  • つばがまったくない「ニット帽(ワッチキャップ)」や「ベレー帽」
  • 前つばがある「キャスケット」や「ハンチング」

なども「キャップ」の仲間です。

ハットとキャップの違い

ハットは、頭を入れる部分の周囲全体につばのある帽子です。

つばの広さは特に問われず、ぐるっと全体につばがついていれば「ハット」です。

キャップは、つばのない帽子や、つばが一部分についている帽子です。

こちらもつばの広さに決まりはありません。

ハットは全般的にゆったりとしたデザインのものが多いですが、キャップは頭にピッタリするデザインのものが多いです。

なお、英語圏に暮らす人たちは「キャップはハットの一部」という認識のようです。

実際、ネイティブの人たちは、ベースボールキャップタイプの帽子のことを「ハット」と呼ぶことがあります。

これらのことが「ハット」と「キャップ」の区別を難しくし、日本人が混乱してしまう原因なのかもしれません。

まとめ

まとめ
  • ハットは、頭の周囲全体につばがある帽子。キャップの上位語。
  • キャップは、つばがない、もしくはつばが一部分のみにある帽子。

日本人の中には「ハット」と「キャップ」の違いにこだわりをもっている方もいるかも知れませんが、ネイティブの方はそれほどでもないかもしれません。

どちらを使うべきか迷ったら、「ハット」を使うようにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。