雑学・豆知識

養生テープとマスキングテープの違いって何?

養生テープ マスキングテープ 違い

簡単に切ることができる上に、きれいにはがせる養生テープやマスキングテープ。
何かと便利ですよね。

値段としては養生テープの方が高いことが多いですが、違いがよくわからないという方も多いと思います。

そこでこの記事では、パッと見ただけでは違いがよくわからない養生テープとマスキングテープの違いについて調べました。

養生テープとは?

工事や引っ越しなどの作業をするとき、物の破損・汚損を防ぐために布や板などで保護することを「養生」といいます。

養生テープとは、このような作業時に使うテープのことをいいます。

幅は5cmくらいのものが多く、見た目はガムテープに似ています。

ただし、素材はポリエチレン繊維で、ハサミを使わなくても簡単にまっすぐ切ることができます。

また、粘着力が弱く剥がしやすいため、跡が残ったり塗装が剥げたりすることはほとんどありません。

マスキングテープとは?

マスキングテープは、養生テープの一種とされています。

しかし、紙素材のものが多く、幅は1~3cm程度とやや細めです。

一方、粘着力や弱くはがしやすい点は、養生テープと同じです。

最近は、カラフルで模様のあるものも多く、お洒落な文具の一つとして幅広い年代に利用されています。

養生テープとマスキングテープの違い

養生テープもマスキングテープの大きな違いは以下の通りです。

養生テープ マスキングテープ
主な素材 ポリエチレン線維
耐水性 あり あまりない
5cm程度 1~3cm程度
切りやすさ まっすぐ切れる まっすぐ切れない
色・柄 緑・白・黒など単色 バリエーション豊富・柄の入っているものも多い
粘着力 基本的に弱いが、強粘着タイプもある 弱い

その他、テープに書き込みをする場合、養生テープは油性ペンが最適ですが、マスキングテープは油性ペンでもボールペンでもOKです。

このように特徴を比較すると、日常生活で使うならマスキングテープ、引っ越しなど大がかりな作業では養生テープを使うのが便利だということがわかります。

まとめ

まとめ
  • 養生テープは、ポリエチレン線維でできた幅広のテープ。粘着力は弱め。引っ越しなどの作業時にオススメ。
  • マスキングテープは、紙製の細めのテープ。粘着力は弱め。文房具の一つとして使われることもある。

最近は100円ショップなどでも養生テープが販売されていますが、ホームセンターなどで販売されているものより長さが短いことがあります。

引っ越しなどで大量に使う場合は、長さに注意して購入するようにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。